映像とは、現実。
ABOUT

「映像」と「現実」の境界がなくなるであろう100年後の未来の社会の世界観を、身体を持って体験できる空間を作るプロジェクト。
電球、モーター、プロジェクション、音、AR、VRなど、アナログ・デジタル両方の手法を用いた7つの作品を一つの空間に共存させる事で、映像と現実が溶け合った時空を作る実験的作品。
企画、展示全体のディレクションに加え、システム開発、XR開発、広報物のビジュアルデザインなどを担当した。
CONCEPT

映像というテクノロジーは、現実に近付く方向に発展してきました。
白黒からカラー、特撮からCG、2Dから3Dへ、このまま発展して行けば、「映像」と「現実」という2つの言葉の差異がなくなる時代が来るでしょう。
そこに生えている木が、空の色が、食べるものが、目の前の人が、人生が、映像か現実かなんて関係ない。
この世界観を「FANCY REALITY」と名付け、現代で可能なあらゆる手法を持いて、その感覚を再現した体験を作りたいと思いました。
このビジョンを深く共有できた武蔵野美術大学の学生2人とチームを組み、3ヶ月間、よく考え、手を動かし、展示作品という形にまとめました。
FANCY REALITY は僕の大きな作品テーマであり、これからも続きます。
PUBLICITY
DATA

Vision, Creative Direction, Art Direction, System Development, Sound Mixing : Toshiki Okamoto
Graphic Design, Physical Architecture : Sakamichi
Virtual Architecture : Syoronpo.
Sound Design : suzukikeigo_, Takuto Okamoto
Printing : Shinohara Shiko Ltd.
Special Thanks : Ryoya Nishimura

What : 未来のビジョン
When : 2022年3月25, 27, 28日
Where : 新宿区高田馬場 in the house STUDIO C
Software : Xcode, Arduino Software, Unity, Illustrator, After Effects, Audition
Hardware : MacBook Pro x3, Servo Motor x6, Arduino Uno x2, Projector x2, Display, Speaker x2, iPhone 13 Pro, Sony WH-1000XM3, Meta Quest 2 x2
Technology : openFrameworks, Arduino, ARKit, Oculus Integration, FrameOcean(original), STUDIO
Material : Mirror, Wood, Metal, Lamp, Cable, Plastic Ball, Thread
Typeface : Neue Haas Grotesk, セザンヌ
Toshiki Okamoto ©︎ 2022