アートプロジェクト「HYPER NATURE」第2作目。
同世代のデザイナー、ハマムラタクマとの共作。
東京幡ヶ谷にてダンススタジオを貸し切り、限定30名のイベントとして、VRを用いた体験型の作品を発表した。
鑑賞者はVRゴーグルを装着し、約20分間、音楽と共に様々な空間を旅する。
自らの脚で自由に部屋を歩き回ったり、しゃがんだり、寝転んだりしてCG空間を探索することで、鑑賞者はコンピューターの中の空間に新たな身体性を見出す。
今後急激な発達が予想されるメタバース社会の中で、真の意味での身体と心の居場所を作ることを目的とした基礎研究的な作品。
CONCEPT

「身体性のある映画」を作ろう、というのが最初のアイデアでした。
映画館で一方的に2時間も映像を見せられるという映像芸術の形式が古びていると以前から感じており、自らの身体を持って没入体験し、新しい感覚を得るような作品の形を探る必要性を考えました。
映像を作る人は、近い将来、テクノロジーによって「世界を作る人」と同義になると考えており、世界の演出家としてのコンテンツの作り方を探ってみようというプロジェクトでもありました。
この体験を作るには、現在安価に手に入る技術の中ではVRが最も適しており、体験者にとっての「世界」を、ゴーグルを通して見せるビジュアルと、スピーカーによる大音量のサウンドの組み合わせよって構築するというアプローチを取りました。
ジョルジュ・メリエスが100年以上前に舞台芸術と最新の映像技術を結びつけて映画というポップな芸術の形式を確立したように、技術と文化をうまく掛け合わせることで、今後100年続く新たなエンターテイメントの形を作ることはできないか、という挑戦です。